坐骨神経痛の症状・治療方法

お電話でのご予約・お問い合せはこちら
ご予約・無料相談
アクセス
  • ホーム
  • メニュー・料金
  • 症例紹介
  • 施術の流れ
  • よくある質問
  • 院長ごあいさつ

坐骨神経痛の症状・治療方法

坐骨神経痛

SCIATICA
症状について

坐骨神経痛とは病名ではなく坐骨神経の走行上に生じる症状のことを言います。そのため原因はヘルニア、脊柱管狭窄症、分離すべり症、仙腸関節炎、梨状筋症候群、股関節疾患など様々です。主に、座るとお尻が痛む、身体をかがめると太ももの裏が痛む、身体を動かすと脚のしびれや痛みが強くなるなどの症状がみられます。運動をし過ぎたり、長時間 座っていたりすると発症することが多いです。

治療方法

人間の筋肉は何層にも重なり、適度な隙間が保たれています。神経はその隙間を縫うように走行しています。しかし筋肉のバランスが崩れると、その隙間を保てなくなり、硬く絞られた雑巾のように身体にねじれが生じてきます。(身体を左右に捻ると、どちらかが回りづらいかと思います。)それにより動く時に筋肉や神経に強い摩擦が生じ、負荷がかかるため痛みとなります。りんご治療院ではこのねじれが生じている原因を明確にし、何層にも重なる筋肉にゆとりを持たせることで負荷を軽減します。すると身体が正常に働く環境を整い、体へのリスクがなく自然に回復に向かいます。

坐骨神経痛について

坐骨神経痛は よく耳にする機会の多い症状ですが、読んで字の如く坐骨神経の辺りが痛くなります。 では、その坐骨神経とはどの部分にあるのでしょうか?           &n […]

疲れた時にお尻の辺りが痛むことはありませんか?   使っている意識がなくても、仕事やスポーツにおいてお尻の筋肉はあらゆる動作で伸び縮みを繰り返しています。 そして一定以上の伸び縮みを繰り返すと、疲労により筋肉が […]

車の運転や長い時間のデスクワークで腰やお尻が痛むことがありますよね。 耐え難いこの痛みは 体の後面の筋肉のバランスが崩れて起こります。 本来、背骨の腰の部分は前側に彎曲しています。 しかし座ると骨盤が後ろに傾き、連動して […]

その他の腰痛

あなたが気になる症状をお選びください。

治療の流れ
腰痛症例紹介

気になる症状をお選びください。

坐骨神経痛
ヘルニア
脊柱管狭窄症
骨盤の歪み
慢性腰痛
ギックリ腰
症例紹介
  • 坐骨神経痛
  • ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • 骨盤の歪み
  • 慢性腰痛
  • ギックリ腰
  • その他
施術の流れ
コルセット・腰痛
訪問鍼灸マッサージ
メディア掲載
りんごブログ
ページトップへ
時間
9:00~13:00
15:00~20:00
※日曜・祝日は休診日です※最終受付19:00予約制
住所
名古屋市名東区香坂1824 I’zビル2F
電話番号
052-776-5155
アクセス
市バス猪子石西原下車すぐ
駐車場
あり(ばんざい下ノ坪店さんの駐車場をご利用いただけます)
内容

腰痛・肩こり・各種体の痛みの治療、予防、
スポーツ時のケガなどのリハビリ、スポーツ指導、
鍼・灸
往診治療あり
完全個室施術、着替え無料貸出し

ばんざい下ノ坪店さんの左隣です。ドアをあけて2Fまでお上がりください