坐骨神経痛、ヘルニア、脊柱管狭窄症、骨盤の歪みなど腰痛治療に特化

お電話でのご予約・お問い合せはこちら
ご予約・無料相談
アクセス
  • ホーム
  • メニュー・料金
  • 症例紹介
  • 施術の流れ
  • よくある質問
  • 院長ごあいさつ

骨盤の歪み

RINGO CLINIC

骨盤を支えられないために起こる腰痛

骨盤を支える力が弱くなり腰痛が起こることがあります。なぜかというと、骨盤の歪みを補正するため腰を反対に曲げてバランスをとるので、関節に負担がかかってしまうからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えばお尻の横側の筋肉のどちらか一方が弱くなると、左右の骨盤の高さが変わります。すると歩く時に重心をかけられなかったり、身体を曲げたり、引きずるような感じになってしまいます。

またお尻の後ろ側(特に腰との境目付近)の筋肉が弱くなると、後ろ側を支えられないため骨盤が前に傾きます。すると立ち上がるときや、腰を反ったり曲げたりする時に痛みが出ます。

 

これらが原因の場合は骨盤が正しい状態にないので、弱った筋肉の働きを改善しなければ腰痛は治りません。

 

 

弱った筋肉の働きを改善する運動

お尻に力が入るくらいの楽な気持ちで筋肉を軽く動かすことから始め、少しずつ可動域を増やして行きましょう。

勢いよく持ち上げたり、無理に高く上げると腰を痛めます。ゆっくり可能な範囲でおこないましょう。

 

  • 骨盤の左右の高さが変わってしまう症状の場合

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

STEP1

片足を横にゆっくりと開き、また戻します。股関節の外側に力がはいっていることを意識しましょう。

STEP2

1.横向きに寝て、上になった足を伸ばしたままゆっくりと真上に上げます。

2.できるところまで上げ、ゆっくりと下ろします。

※足は前側に行きやすいので真横に上げるように意識しましょう。足の間にクッションをはさんでも良いです。

 

 

  • 骨盤が前に傾いてしまう症状の場合

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

STEP1

1.胸の下にクッションや座布団を入れてうつぶせに寝ます。

2.片足ずつ膝を伸ばしたまま、太ももが少し床から浮くくらいに足全体を持ち上げます。

これでも辛い場合は、同じ運動を立った姿勢で台につかまりながら、片足を後ろに上げても良いです。

その際は身体が前に傾いたり、腰に力を入れ過ぎないように注意しましょう。

STEP2

1.あお向けに寝て、両ひざを立てます。

2.床から少しおしりが浮くように持ち上げます

治療の流れ
腰痛症例紹介

気になる症状をお選びください。

坐骨神経痛
ヘルニア
脊柱管狭窄症
骨盤の歪み
慢性腰痛
ギックリ腰
時間
9:00~13:00
15:00~20:00
※日曜・祝日は休診日です※最終受付19:00予約制
住所
名古屋市名東区香坂1824 I’zビル2F
電話番号
052-776-5155
アクセス
市バス猪子石西原下車すぐ
駐車場
あり(ばんざい下ノ坪店さんの駐車場をご利用いただけます)
内容

腰痛・肩こり・各種体の痛みの治療、予防、
スポーツ時のケガなどのリハビリ、スポーツ指導、
鍼・灸
往診治療あり
完全個室施術、着替え無料貸出し

ばんざい下ノ坪店さんの左隣です。ドアをあけて2Fまでお上がりください