カラダの使い方

ゴルフの腰痛の原因と予防ストレッチ

こんにちは、りんご治療院の奥村です。
先日、2年ぶりにゴルフを再開された方が来院されました。今まで腰痛とは無縁だったようですが、気になり始めてから慢性的になってしまったようです。

ゴルフに起こる腰痛の原因

ゴルフの腰痛はスイングの時に起こります。
誰しも「腰を回せ」とは聞いたことがあるとは思います。
しかし、腰は5°ほどしか回りません!

関節には動きやすい関節と安定させるための関節があります。
腰は体幹を安定させることが得意な関節です。
回せない構造の腰をひねるので、腰を痛めてしまいます。

カラダの関節の役割Joint by Joint theory、Mike Boyle

どんな人がゴルフで腰痛になりやすいか?

猫背や反り腰の人はゴルフで腰痛になりやすいです。
なぜなら動かすことが得意な胸椎(背骨の肩甲骨の辺り)や股関節が使いにくくなるからです。

写真中のように猫背の人は、胸椎がロックされるので回しにくくなります。
写真右のように腰が異常に緊張すると出っ尻になるので、反り腰の人は股関節が使いにくくなります。
写真左のように横隔膜(肋骨の下)と骨盤が平行の状態が、腹圧が高まり一番安定します。

動くことが得意な胸椎や股関節の可動域が少なくなると、安定させるべき腰で回さなければならなくなります。

ブランクや長距離移動の後などは胸椎や股関節の動きは悪くなりがちです。
そんな状態でゴルフをすると、、、腰痛とは無縁の方もリスクが高まります。

ゴルフの姿勢(左)理想ポジション(中)胸椎がロック(右)股関節が使えない

飛距離アップは筋トレ?   関節の可動域を高めるメリット

飛距離アップには無駄なくパワーを伝えることが大切です。
ここではパワーを十分に伝えるために関節の可動域を高めることをオススメしたいと思います。
胸椎や股関節の可動域は体幹の安定につながり、スイングアークも大きくなります。

1、体幹が安定する

前述どおり、胸椎や股関節の可動域が小さいと、腰が回り不安定になります。
その状態は腹圧を維持できず体幹が不安定になるので十分な力を伝達できず、ショットの正確性も損なわれます。
車に例えると、エンジンの排気量(=筋力)を大きくしても、フレーム(=体幹)が弱かったら力を伝えられません。排気量を大きくしなくても、サスペンションの調整で力の伝達効率を高めることができます。

2、スイングアークが大きくなる

スイングアークは大きいほど遠心力が働くので飛距離が出ます。
しかし力んで肩が上がると腰を支えることが難しくなり、コントロールしにくくなります。
胸椎や股関節の可動域を拡げることで、リラックスしてカラダをひねることができます。

ゴルフの腰痛治療と対処法(チェック法)

りんご治療院ではカラダを曲げたり捻ったり動きを分析して原因を見つけます。
だから画像診断で映らない痛みも対応でき、ケガの予防にもなります。
鍼や整体また動作トレーニングによって、より動くカラダを目指します。

ゴルフの日程が近かったり、不安な方にはカラダの動きを妨げにくい腰痛ベルトをお勧めしています。
→オススメの腰痛ベルトはこちら

スイング時の負担を軽くするストレッチ

スイング時は全身が連動して動きます。

例えばバックスイング では右股関節上を骨盤が回ります。
その際は右尻が伸びつつ、右内モモが力が入った状態になります。
内モモの力が弱いと体が倒れて、股関節で回せなくなります。

そのため特定の筋肉のストレッチではなく、力を入れるストレッチを紹介します。

胸椎の動きを改善する

胸椎を捻って、左胸の開きを感じましょう

1.右横向きになり 左膝を右手で固定します。

2.ヘソが回らないように左側にカラダを開いていきます。

3.最大域で左肩甲骨を床に押し付けるように力を入れます。

胸椎のストレッチ左胸椎のストレッチです
Point
・頭と膝の下にクッションを入れましょう
・指先を目線で追っていきましょう
・左手は床に着かなくて良いです

股関節の動きを改善する

股関節を動かして、右尻の伸びを感じましょう

1.右脚を前に出して膝を90°に曲げ 左脚は後ろに伸ばします。

2.右尻が浮かないように ヘソを右膝に近づけます。

3.最大域で右膝を軸に外くるぶしを浮かせるように力を入れます。

股関節のストレッチ右股関節のストレッチです
Point
・右尻の下にクッションを入れましょう
・左肘が右手に近づくように意識すると、上半身も伸びます
・左膝を外に向けると、左の内股も伸びます。
ABOUT ME
奥村 尚之
アウトドアが好きだから、いつまでも健康なカラダに! 自然なカラダの使い方 をコンセプトに、原因や対処法、またスポーツに活かせる動きなどを 解剖学に基づきわかりやすく発信しています。 プロフィールの詳細はこちら
RELATED POST