ヘルニアについて

1つ1つの背骨の間には椎間板という衝撃をやわらげるクッションがあります。 椎間板の中央はゼラチン状のやわらかい髄核があり、その周りは比較的かたい繊維輪で囲まれています。 原因は、腰を曲げた時などに椎間板の内圧が上昇し、亀裂の生じた繊維輪から髄核が押し出されることで起こります。 症状は急性の激しい腰や脚の痛みで、特に座ったり中腰の姿勢で強くなります。 慢性的な経過をたどることが多いですが、ヘルニアが体内で自然吸収されると症状がなくなることもあります。

治療方法

腰を曲げる時は、腰だけではなく背中や脚の後面の筋肉が連動して伸びます。 しかし連動しないと腰のみに負荷が集中してしまい椎間板に過大な負荷が生じてしまいヘルニアになります。 あらゆる治療をしても再発率が高いのは腰のみの治療が多いためで、その根本の原因を解決していないためです。 体の全体のバランスをとっていけば、手術を宣告された患者さんでも回復に向かいます。

 

症例紹介