坐骨神経痛について

坐骨神経痛とは病名ではなく坐骨神経の走行上に生じる症状のことを言います。 そのため原因はヘルニア、脊柱管狭窄症、分離すべり症、仙腸関節炎、梨状筋症候群、股関節疾患など様々です。 主に、座るとお尻が痛む、身体をかがめると太ももの裏が痛む、身体を動かすと脚のしびれや痛みが強くなるなどの症状がみられます。 運動をし過ぎたり、長時間 座っていたりすると発症することが多いです。

治療方法

人間の筋肉は何層にも重なり、適度な隙間が保たれています。神経はその隙間を縫うように走行しています。 しかし筋肉のバランスが崩れると、その隙間を保てなくなり、硬く絞られた雑巾のように身体にねじれが生じてきます。(身体を左右に捻ると、どちらかが回りづらいかと思います。) それにより動く時に筋肉や神経に強い摩擦が生じ、負荷がかかるため痛みとなります。 りんご治療院ではこのねじれが生じている原因を明確にし、何層にも重なる筋肉にゆとりを持たせることで負荷を軽減します。 すると身体が正常に働く環境を整い、体へのリスクがなく自然に回復に向かいます。

 

症例紹介