脊柱管狭窄症の症状について

脊柱管狭窄症は加齢による脊骨の変形や、腰の骨が前方にすべることによって、脊柱管と呼ばれるトンネル状の神経の通り道が狭くなり圧迫してしまいます。 特徴として、しばらく歩くと痛みやしびれが起き、前かがみやしゃがみ込むと楽になる、砂利の上を歩いているような足裏の感覚、脚がしびれたり力が入らないことなどです。 更に症状が進行すると、会陰部のほてり感や、便意の感覚がおかしくなり失禁などの症状が起こることもあります。

治療方法

狭くなってしまった脊柱管にゆとりを作り、神経の圧迫を取り除くことが重要になります。 患者さんの特徴として腰を反らすことが苦痛な方が多くみられます。まず腰を反らすことが出来ない原因を明確にします。 治療を続けていくと歩く距離が長くなり、しびれの程度が軽くなっていきます。 神経の症状は重くなるほど治療に時間を要しますので、気になったら早めの治療が必要です。

 

症例紹介