はり・きゅうで脳の血流を改善!

今まで年をとるとともに脳の血流が弱まり記憶力などが低下する症状について、はり・きゅう治療で改善する事例が報告されていますが、科学的な仕組みはわかりませんでした。

名古屋 名東区 はり血流改善

東京都老人総合研究所は、はり・きゅうにより脳の血流がどのように変化するか実験しました。

ラットの手足に一分間はりやきゅうで刺激すると、脳の血流は1~2割増えました。

背髄(せきずい)につながる神経を途中で切断して同じ実験をすると、血流は改善はしませんでした。

さらに血流が増えたラットを調べたところ、大脳皮質から分泌され血流を増やす働きがある物質「アセチルコリン」が約2倍に増えました。このことから手足へのはり・きゅう刺激は脊髄を伝わり、脳から信号を発信することがわかりました。 <日経新聞2005年10月10日朝刊 より抜粋>

 

身体に一番優しい治療、それは【自然治癒力】

名古屋-名東区-自然治癒力

組織が損傷すると、身体はカサブタや水疱を作って治します。

全ての生物には 生命を維持するためにそのような機能が備えられています。自分の持っている治癒力を働かせることが副作用なく負担のかからない治療法です。

はり・きゅうは皆さんの身体に少しだけ傷をつけます。 それを修復するため脳から信号が発せられ、自然治癒力が働く環境を作ります。

 

プロフィール

奥村 尚之
奥村 尚之
動き回ることが好きだから、いつまでも健康な身体に!
自然なカラダの使い方 をコンセプトに、原因や対処法、またスポーツに活かせる動きなどを 解剖学に基づきわかりやすく発信しています。
プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください