シップの効果って知っていますか?

sips

シップには大きく分けて冷シップと温シップがあります。しかし効能書きに書いてある症状は同じですよね?
これらは不快な症状を少しでも心地よく感じられるための物で、冷やしたりや血流を改善する効果はありません。
主にメントールやハッカなどのすーっとする成分や、唐辛子などのカプサイシンの成分が皮膚上の神経を刺激して、温冷を感じています

 

他にも強力な痛み止めの成分を含むシップがあります。(インドメタシン、モーラステープなど)
これらの薬は経皮吸収剤と呼ばれるもので、発痛物質の生成を抑制することによって痛みを感じにくくします。
ほとんど説明も無く安易に処方されていますが、痛みの原因を癒すものではありません。
本来は短期間に限って処方すべき強い薬剤であり、副作用として有効成分が皮膚から血液に吸収され

胃腸や呼吸器に悪影響を与えることがあります。

シップによって痛みを感じないと、本来休めなければならない時に負担をかけてしまいます。

痛む場所は組織が損傷しているため、負担をかけないことが早く治す方法です。

2〜3時間以内に限定して痛みが緩和する使い方は良いですが、治療効果はありませんのでシップの常用や長時間貼ったままにすることは避けましょう。

プロフィール

奥村 尚之
奥村 尚之
動き回ることが好きだから、いつまでも健康な身体に!
自然なカラダの使い方 をコンセプトに、原因や対処法、またスポーツに活かせる動きなどを 解剖学に基づきわかりやすく発信しています。
プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください