呼吸で動作改善??

こんにちは、りんご治療院(名古屋)の奥村です。
私たちがカラダを動かす時は全て脳でコントロールしています。
その脳が働くために必要な栄養は「ブドウ糖」と「酸素」です。
ブドウ糖は食事から、酸素は呼吸から供給されます
そして少しでも供給が滞ると生死に関わるのは「酸素」です。

脳が酸素不足だと、どおなるのか?

呼吸の最も大きな役割は脳やカラダに酸素を供給することです。
呼吸機能の低下で酸素供給量が減ると脳の働きが悪くなります。
するとカラダを動かす信号がうまく送れなかったり、様々な変化に対応できなくなります。

つまりどんなに良い栄養を摂っても、素晴らしい体操をやっても、脳が酸素不足だと効果が高まらないのです。

映画エベレストでは酸素が薄いデスゾーンで酸素残量を判断ミスするシーンがあります。

酸素をいっぱい取り込もう!?

それではいっぱい酸素を取り込もうと考える人もいると思います。
しかし酸素は 水(=血液)に溶けにくく、ヘモグロビンと結合して体内を巡ります。
そして毛細血管から全身の細胞に酸素を届ける時、酸素とヘモグロビンを切り離すのに必要なのが二酸化炭素なのです。

酸素が増えると相対的に二酸化炭素が少なくなります。
つまり酸素をいっぱい取り入れても血中に酸素はあるが組織に行き届かない状態になってしまいます。

大切なことは血中の酸素を効率よく全身に届けることです。
そのためにはたくさん酸素を取り入れるのではなく、二酸化炭素とのバランスが大切です。
炭酸を飲むとスッキリするのも、適度な二酸化炭素を体内に取り込むことが一因です。

引用:看護roo![カンゴルー]

口呼吸か鼻呼吸か?

口呼吸はフィルターがないので様々な菌を直接取り入れてしまうので免疫機能が低くなります。
また大量に酸素を取り込むことができますが、前述のとおり二酸化炭素とのバランスが崩れて組織に行き届きにくくなります。

鼻呼吸はフィルターによって免疫機能の低下も防げます。
また適度な抵抗によって過剰な酸素を取り入れないので結果的に全身に酸素を効率よく届けることができます。

引用:日本病巣疾患研究会

胸式呼吸か腹式呼吸か?

呼吸は無意識で行われるので、本来は省エネでおこなうものです。
胸の上部が動く胸式呼吸は、首や肩、背中周りの筋肉を使います。
ヒトは1日に2万回以上呼吸をしているので、その呼吸が続くと筋肉が疲れてしまうのは当然です。
ですので肩や腰がこりやすい人は、呼吸を見直してみることも大切です。

安静時は横隔膜が主に動く腹式呼吸が理想です。
なぜなら横隔膜が下がることで胸郭の圧力が下がって自然に空気が吸え、上がると圧力が戻って吐けるからです。
また上述した口呼吸は、肺の中と外気の気圧が同じになって横隔膜を動かさずに呼吸してしまうので、やはり鼻呼吸が大切です。

しかし、激しい運動をしている時は筋肉から二酸化炭素が大量に発生します。
その時は酸素交換が追いつかないので、首や肩周りの筋肉を使って呼吸しなければなりません。

どちらが正しいではなく、状況に合わせて適応することが大切です。

引用:看護roo![カンゴルー]

横隔膜がしっかり動く呼吸は体幹も安定する

横隔膜が下がるとお腹に圧が移動します。
すると腹圧が高まって体幹が安定します。
骨盤と横隔膜を平行にして、お腹の中の風船を上下から潰すイメージです。

腹圧が高まることで、お腹の前側だけではなく横、後ろにも拡がることが理想です。
もっと詳しく知りたい方はコチラをご覧ください

東洋医学においても、「吸は腎と肝に入る」と記されています。(難経4)
腎は臍下丹田まで吸気を取り入れてエネルギーにする働きがあります。
また肝は筋肉を動かしたり、エネルギーをすみずみまでゆきわたらせる働きがあると言われています。
少し遠のいていた東洋医学のことが、何か呼吸で思い出せた気がします。

引用:Innervate The World!

呼吸を実感してみましょう

◯何も考えず、息を吐いてみましょう!

 →血中に二酸化炭素の割合が多いと吐く前に脳から酸素を吸う指令がでて、吐く前に息を吸ってしまいます。

◯手を前に伸ばして、息を吐きながらフルスクワットしてみましょう。
 次に吸いながら行い、やりやすさを比べてみましょう。(簡単にできてしまう方は、手を後ろで組みます)

→吸いながらだとカカトが上がったり窮屈に感じると思います。

呼吸を改善するには

まずは鼻呼吸が前提です。そして「もっと吸いたい」と感じるくらい吐くことに重点に置くことが大切です。
また活動中の筋肉は二酸化炭素を生産して毛細血管から酸素を取り出す働きを助けるので、軽い運動が非常に効果的です。
呼吸に興味をもった方はこれらの本がオススメです。
理論やエクササイズなど詳しく書かれています。

 

プロフィール

奥村 尚之
奥村 尚之
アウトドアが好きだから、いつまでも健康なカラダに!
自然なカラダの使い方 をコンセプトに、原因や対処法、またスポーツに活かせる動きなどを 解剖学に基づきわかりやすく発信しています。
プロフィールの詳細はこちら