【体操あり】腰がカチカチの原因

マッサージしてもなかなか柔らかくならない筋肉のコリ。筋肉は使い過ぎによって疲労してしまった場合は伸ばされないように硬くなり、反対に使わな過ぎても萎縮して硬くなります。

 

筋肉は適度な張力で関節を支えています。しかし疲労や萎縮などによって本来の関節の噛み合わせが悪くなると、脳は怖いと感じて筋肉を硬めてしまいます。そのため筋肉の張力を整え本来の関節の噛み合わせを取り戻さない限りは、脳の不安は取り除かれないのでほぐれないのです。

PNF_名古屋Aug16

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰の関節の噛み合わせを取り戻す体操

痛まない場合は A、Bどちらの体操も行ってください。全ての体操は身体を安定させて息を吐きながら行います。

 

Aタイプ 座っていたり中腰の姿勢で悪くなる方 (5秒を3〜5回)
代表的な症状 : 坐骨神経痛 圧迫骨折 ヘルニア など

腰が丸まっている方は椎間板が後にずれてしまいます。足は肩幅で安定させ、椎間板を前に戻すイメージでお尻の一番盛り上がっている部分を押し込みます。

腰がかたい082016

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Bタイプ 歩いたり立っていたりすると悪くなる方 (5秒を3〜5回)
代表的な症状 : 脊柱管狭窄症 腰椎分離・すべり症 など

腰が反っている方は椎間板が前にずれてしまいます。足は肩幅で浅めに腰かけ、椎間板を後ろに戻すイメージで腰を丸めます。

腰がカチカチ082016

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A,Bタイプ共通 骨盤・背骨ストレッチ
立った姿勢で肩の高さで手のひらから肘まで壁につけて安定させます。横にズレてしまった椎間板を真ん中に戻すイメージで骨盤を押し込みます。

次に上向きで床に寝て膝を立て、左右に倒します。なるべくお尻が浮かないように椎間板を捻ることを意識します。

違和感を感じる側をゆっくりと息を吐きながら、左右差がなくなるまで繰り返す

腰をほぐす082016

プロフィール

奥村 尚之
奥村 尚之
動き回ることが好きだから、いつまでも健康な身体に!
自然なカラダの使い方 をコンセプトに、原因や対処法、またスポーツに活かせる動きなどを 解剖学に基づきわかりやすく発信しています。
プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください