中腰姿勢における重い物の持ち方

中腰姿勢において重い物の持ち運びを繰り返すと腰が辛くなってきますよね。

多くの場合ヘルニアによる症状ではなく、これは腰の筋疲労です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中腰姿勢をとることでお尻の上部や腰の筋肉が伸びます。そして身体を起こすときにその筋肉を縮めます。この繰り返しの伸縮で運動量が過剰になると筋肉が疲労し痛みや違和感が生じてきます。

 

 

どのように対策するべきか

負担を分散することが一番です。膝を着き、立ち上がる時は太ももの力を使うことが最善ですが、なかなかできないことが現状だと思います。その時は中腰姿勢をとるときにお尻の下のシワが伸びるように腰を曲げます。これを意識することで腰ではなく股関節を軸として曲げるので、腰の筋肉への負担が軽くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お仕事で一般の方より負荷が大きい方は腰ベルトを併用して腰の伸縮を制限することで負荷を軽減することができます。また「今日はよく使ったな」と感じたときは炎症を抑えるためにアイシングで腰を冷やしてケアしましょう。

プロフィール

奥村 尚之
奥村 尚之
動き回ることが好きだから、いつまでも健康な身体に!
自然なカラダの使い方 をコンセプトに、原因や対処法、またスポーツに活かせる動きなどを 解剖学に基づきわかりやすく発信しています。
プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください