【体操動画あり】股関節が痛む原因と対策

歩いた後に股関節(脚の付け根)が痛む時は心配になりますね。
この股関節痛は、腰や骨盤を支える筋肉の動きが悪くなることでも起こります。

股関節痛_名古屋_june16

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この筋肉は腸腰筋(大腰筋+腸骨筋)と呼び、骨盤と太ももの骨の間にある股関節を動かす主要な筋肉です。
しかしながら疲労などによりこの筋肉が弱ったり硬く縮こまってしまうと、股関節の噛み合わせが悪くなってしまいます。

 

腸腰筋_名古屋_june16

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日常の歩行において腸腰筋が縮むことで足を前に出すことができます。また座っているときも、足を前に出している状態と同じように腸腰筋は縮みます。一般的によほど意識しない限り、後ろ側に脚を伸ばす機会は少ないでしょう。それゆえ腸腰筋は縮みやすい筋肉です。
あおむけで寝ると腰に違和感があったり、膝を曲げたくなったり、また横を向きたくなったりする方は腸腰筋は短縮している状態と思われます。

 

 

股関節の位置を正常に戻す「腰割り」がオススメ

「腰割り」とはお相撲さんの基礎である四股です。股関節周囲のインナーマッスルを動かしてリセットします。股関節だけでなく腰痛にも非常に効果的です。あのイチロー選手もよく行っている光景を目にしますね。

 

以下の点を意識して行いましょう

・尻が突き出たり、前のめりににならないように
・膝が内側に入らないように
・土踏まずを踏まないように

プロフィール

奥村 尚之
奥村 尚之
動き回ることが好きだから、いつまでも健康な身体に!
自然なカラダの使い方 をコンセプトに、原因や対処法、またスポーツに活かせる動きなどを 解剖学に基づきわかりやすく発信しています。
プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください