妊娠中や出産後の腰痛の原因

妊婦_腰痛_名古屋

妊婦さんはお腹の膨らみの分だけ重心が前方に偏位します。そのため腰を反らして上半身を後方に偏位させて対応します。そのような状態になると5つある腰の骨の後側の間隔が詰まってしまいます。

妊娠_腰痛_名古屋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように腰を反らした状態が続くと、腰の筋肉の動きが悪くなり痛みが生じてきます。
また腰の筋肉は股関節とも関連があるので、股関節痛も生じる方が多くみられます。
さらに胎児の成長に伴うホルモン分泌による筋肉や靭帯の緩みが起こるため姿勢が変化して、
身体各部への過度な負担が起こります。

 

体内の環境が著しく変化するため、ある程度の腰痛は避けられませんが、
出産後も腰痛がつづくようでしたらホルモン分泌によって緩みが生じた筋肉や靭帯の調節が必要です。
慢性化しないようにしっかりケアしましょう。
(妊娠中の腰痛で悩まれている方は軽めのストレッチやマッサージなどをご紹介いたします。)

 

太っている方も反り腰のメカニズムは基本的に同じですが、妊娠のような一時的な事ではないので
腰の骨と骨の間を通る神経にも負荷がかかり、痺れや感覚の異常などが起きやすくみられます。

プロフィール

奥村 尚之
奥村 尚之
動き回ることが好きだから、いつまでも健康な身体に!
自然なカラダの使い方 をコンセプトに、原因や対処法、またスポーツに活かせる動きなどを 解剖学に基づきわかりやすく発信しています。
プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください