骨盤のゆがみの原因と簡単チェック方法

骨盤には上半身と下半身の筋肉により、あらゆる方向から張力がかかっています。
疲労や癖により張力のバランスが崩れると、左右の骨盤の高さが変ったり、前や後ろに傾いてしまいます。

 

左側のお尻の筋肉が弱ってしまうと左の骨盤が上がります。

骨盤のゆがみ 名古屋 1506a

 

背中や太モモの前側の緊張が強くなると骨盤は前に傾きます。

骨盤のゆがみ 名古屋 1506b

骨盤は大きな1つの骨に見えますが、僅かに動く関節で連結されています。
そのため関節の噛み合わせが悪くなると、捻れるように歪みます。

 

 

簡単チェック方法

日頃から骨盤周りの柔軟性と筋肉のバランスを確認しましょう。

 

仰向けの状態で左右に同じくらい膝を倒すことができるか確認します。

膝を倒した反対側の骨盤が浮かないように注意しましょう。

骨盤の歪み 名東区1506c

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方へ倒しづらい場合、まず脚組み、バックを持つ側、足の重心など日常の身体の使い方を注意しましょう。

 

今回、鏡で見ても明らかに左の骨盤が上がっている20代の飲食業の男性は。基本的に立ち仕事なのでいつも左足に負担がかかっていたことは本人もわかっていました。

模型を使って、なぜ骨盤が上がってしまうかを理解していただき、骨盤周りの治療と、仕事中に左右均等に足の重心を分散していただくことで、4回の治療で終了しました。

プロフィール

奥村 尚之
奥村 尚之
動き回ることが好きだから、いつまでも健康な身体に!
自然なカラダの使い方 をコンセプトに、原因や対処法、またスポーツに活かせる動きなどを 解剖学に基づきわかりやすく発信しています。
プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください