骨盤を支えられないために起こる腰痛

骨盤を支える力が弱くなり腰痛が起こることがあります。なぜかというと、骨盤の歪みを補正するため腰を反対に曲げてバランスをとるので、関節に負担がかかってしまうからです。

例えばお尻の横側の筋肉のどちらか一方が弱くなると、左右の骨盤の高さが変わります。すると歩く時に重心をかけられなかったり、身体を曲げたり、引きずるような感じになってしまいます。

またお尻の後ろ側(特に腰との境目付近)の筋肉が弱くなると、後ろ側を支えられないため骨盤が前に傾きます。すると立ち上がるときや、腰を反ったり曲げたりする時に痛みが出ます。

これらが原因の場合は骨盤が正しい状態にないので、弱った筋肉の働きを改善しなければ腰痛は治りません。

 

弱った筋肉の働きを改善する運動

お尻に力が入るくらいの楽な気持ちで筋肉を軽く動かすことから始め、少しずつ可動域を増やして行きましょう。

勢いよく持ち上げたり、無理に高く上げると腰を痛めます。ゆっくり可能な範囲でおこないましょう。

 

  • 骨盤の左右の高さが変わってしまう症状の場合

 

STEP1

片足を横にゆっくりと開き、また戻します。股関節の外側に力がはいっていることを意識しましょう。

STEP2

1.横向きに寝て、上になった足を伸ばしたままゆっくりと真上に上げます。

2.できるところまで上げ、ゆっくりと下ろします。

※足は前側に行きやすいので真横に上げるように意識しましょう。足の間にクッションをはさんでも良いです。

 

  • 骨盤が前に傾いてしまう症状の場合

STEP1

1.胸の下にクッションや座布団を入れてうつぶせに寝ます。

2.片足ずつ膝を伸ばしたまま、太ももが少し床から浮くくらいに足全体を持ち上げます。

これでも辛い場合は、同じ運動を立った姿勢で台につかまりながら、片足を後ろに上げても良いです。

その際は身体が前に傾いたり、腰に力を入れ過ぎないように注意しましょう。

STEP2

1.あお向けに寝て、両ひざを立てます。

2.床から少しおしりが浮くように持ち上げます

プロフィール

奥村 尚之
奥村 尚之
動き回ることが好きだから、いつまでも健康な身体に!
自然なカラダの使い方 をコンセプトに、原因や対処法、またスポーツに活かせる動きなどを 解剖学に基づきわかりやすく発信しています。
プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください