足の長さは変わらない。原因は骨盤の歪み

整体に行ったら言われたことはないですか?

「左右の足の長さが違いますね~」と。

 

足の長さが違うと言われると片側が短くなってしまったように聞こえますが、

実際には足が短く見えてしまうのであり、短くなってしまうわけではありません。

 

なぜ足は短く見えるの?

短く見えてしまう原因は、骨盤や股関節の位置が変わってしまうためです。

骨盤と股関節の位置関係が崩れると、左右の足の長さが変わって見えます。

原因は様々ですので、短い側が悪いとは限りません。

上図のように骨盤が前傾すると股関節の位置が下に移動します。

つまり足が長く見えます。

反対に骨盤が後傾すると股関節が頭側に近づくので足が短く見えます。

 

座った時の骨盤と股関節の位置関係はコチラ

骨盤の筋肉の萎縮による脚の長さが変わる原因はコチラ

 

 

左右の足の長さが変わることによる影響は?

例えば左足が短くなったとします。

すると身体の重心は左側に倒れそうになります。

そのままでは倒れてしまうので、腰や肩を使って上半身を右側に戻してバランス直します。

その状態が続くと腰や肩に負担が蓄積してしまいます。

 

いつも一方の肩や腰が気になる原因は足の長さの左右差かもしれません。

 

セルフチェックと対策

まず床に上向きで寝て見ましょう。

(大きな左右差がなければ自分でチェックすることは難しいです)

一方の腰や背中が浮いたり、左右差や違和感を感じるかなど確認します。

 

◯足が短くなっている側は膝が軽く曲がっていたり、太ももの裏が接地しない感覚があります。

◯長くなっている側は、腰が浮いているような感覚があります。

◯太ももの裏や腰にタオルでスキマを埋めて違和感が解消するか確認する方法もあります。

 

 

注意すべき方は

◯いつも同じ側にバッグを持っていると無意識に重心が傾きます。

◯長時間の立ち仕事は、利き足の反対の足に重心が傾きます。

 

このような状態は、バランスを保とうと骨盤周りの筋肉に左右差が生じます。

負担を分散するように 左側⇄右側と重心を入れ変えると良いです。

 

鏡で見て左右差がわかるようでしたら重症です。

お早めにお近くの整体に行くか、ご相談ください。

プロフィール

奥村 尚之
奥村 尚之
動き回ることが好きだから、いつまでも健康な身体に!
自然なカラダの使い方 をコンセプトに、原因や対処法、またスポーツに活かせる動きなどを 解剖学に基づきわかりやすく発信しています。
プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください