前屈で手がツマ先につかない原因

座って前屈した時にツマ先に手がつかない人は、柔軟性の問題ではないことがあります。

それは曲げるべきポイントの違いかもしれません。

下図は足を伸ばして座った姿勢の骨盤の図です。

骨盤が水平の状態は骨盤の中心と股関節の中心がほぼ一直線上にあります。

しかしながら骨盤が後傾すると股関節の中心は骨盤の中心より前方に離れてしまいます。(青矢印参照)

つまり足が長くなってしまったように、つま先までの距離が遠くなってしまうのです。

さらに骨盤が後傾すると腰の骨も連動して曲がった状態になるので、より曲げることが難しくなってしまいます。

改善するには骨盤を立てるようにお尻を引きます。恥骨を押し付けるようにすると意識しやすいです。

骨盤の傾きが修正されると太ももの後ろの筋肉が より伸びることも感じられます。

正しい身体の使い方がわかると、身体が硬くてもできるかもしれませんよ!!

プロフィール

奥村 尚之
奥村 尚之
動き回ることが好きだから、いつまでも健康な身体に!
自然なカラダの使い方 をコンセプトに、原因や対処法、またスポーツに活かせる動きなどを 解剖学に基づきわかりやすく発信しています。
プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください