片足立ちで身体を支えられない原因と対策

片足立ちでで身体を支えると腰やお尻周りが痛くなることはありませんか?
その原因は骨盤の左右の傾きのバランスをとっている中臀筋の働きが悪くなってしまったからかもしれません。
この中殿筋はお尻の筋肉の横にあり、歩く時など骨盤を水平に保つ作用があります。

 

この筋肉が働かなくなってしまうと横方向の荷重に耐えられなくなるので片足立ちが辛くなります。
また酷くなると弱くなった筋肉が伸びてしまい片側の骨盤が上がってしまったり、伸びなくなってしまって上体を傾ける代償姿勢をとるようになります。

 

体重をかけれない 名古屋-1607

歪み 痛い 名古屋1607

 

【自分でできる】中殿筋の働きを正す体操

筋肉は柔軟に伸び縮みすることが理想です。ストレッチでしっかり伸ばし、筋肉トレーニングでしっかり縮めましょう!

骨盤の歪み_名古屋1607

プロフィール

奥村 尚之
奥村 尚之
動き回ることが好きだから、いつまでも健康な身体に!
自然なカラダの使い方 をコンセプトに、原因や対処法、またスポーツに活かせる動きなどを 解剖学に基づきわかりやすく発信しています。
プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください