イスに座って10秒間 膝を水平に伸ばせますか?

膝水平維持

 

膝を伸ばす力が弱るなると、歩くときに地面からの衝撃は体幹まで分散されずに膝に集中してしまいます。

その結果、変形したり、軟骨が磨り減ってしまいます。また膝の内部は血液がほとんど通わないので、悪くなると回復にとても時間がかかります。
さらに膝が曲がっている方はバランスをとるために腰も曲げてしまいますので腰にも悪影響があります。 体操などでジャンプすることが億劫に感じるようになった方は要注意です。 「足腰」とはよく言われますが、生涯ずっと歩けるように安定した膝を作りましょう。

 

 

 

膝のマッサージ

伸ばしづらい方は太ももの後ろから膝裏まで、反対に膝を曲げづらい方は 太ももの前側をマッサージをしましょう。膝周りをつねって皮膚を柔らかくすることも効果的です。

 

 

膝を安定させるトレーニング

背中を壁の隅に沿わせ足先を内側に向けゆっくり膝を曲げ5秒間数える。 1セット5回、1日3〜4セットを週3回、膝がつま先より出ないように、また膝を90度以上曲げないように注意します。

膝を安定させるトレーニング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

膝を伸ばす力の測定とトレーニング

体重計の上にトイレットペーパーを置き膝を載せて重さを測ります。
次に最大の力で5秒間押し付け最大値を記録します。
押さえつけた状態から膝を載せた状態を差し引いた値が膝を伸ばす力になります。 枕やバスタオルを丸めて膝の下に置き80%の力で30回押さえつけます。 週3回朝晩に行うと膝を伸ばす力がついていきます。

膝を伸ばすトレーニング

プロフィール

奥村 尚之
奥村 尚之
動き回ることが好きだから、いつまでも健康な身体に!
自然なカラダの使い方 をコンセプトに、原因や対処法、またスポーツに活かせる動きなどを 解剖学に基づきわかりやすく発信しています。
プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください