腰痛体操に要注意!!

腰痛体操はテレビや雑誌で多く紹介されています。
しかしここで注意しなければならないことは万人に効果的な腰痛体操は無いということです!

例えば有名なマッケンジー体操。これはうつ伏せになり、腕、肘を伸ばして上体を反らす運動です。

 

この体操は腰を反らして痛む方には悪影響です。これは椎間板ヘルニアなどの症状の方に有効な方法ですが、

特に脊柱管狭窄症の方はやってはいけません。
名古屋_脊柱管狭窄症_151129

何故かと言いますと、背骨は基本的に緩いS字カーブなのですが、脊柱管狭窄症の方の腰のカーブはキツく彎曲します。下図はうつ伏せの上体の背骨です。  その方がさらに反らす体操をすると、、、

腰の骨の間隔が狭くなって、赤色部分が衝突を起こしますよね。

名古屋_脊柱管狭窄症_151130

脊柱管狭窄症の方にオススメの体操は、両ひざ抱え体操やひれ伏し体操のような腰を丸めるストレッチングです。
腰痛の症状は十人十色。自分のタイプに合った体操を行いましょう。

名古屋_腰痛体操_151130

プロフィール

奥村 尚之
奥村 尚之
動き回ることが好きだから、いつまでも健康な身体に!
自然なカラダの使い方 をコンセプトに、原因や対処法、またスポーツに活かせる動きなどを 解剖学に基づきわかりやすく発信しています。
プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください