首・その他の症状

湿布の効果と副作用をご存知ですか??

シップの効果

皆さんこんにちは、サロンパス®研究家の奥村です。

腰痛や肩こりで病院に行くと湿布をもらう事がよくありますね。湿布には、痛みやコリを少しでも感じにくくしたりする効果がありますのでお好きな方も多いでしょう。

そしてご存知の方もいらっしゃるかと思うのですが、湿布には大きく分けて温湿布と冷湿布がありますが、効能に書かれている症状は同じなんですよね。

これについては、患者さんから良く「どちらが良いの?」っていう質問を聞かれますので、今回はそのお話です。

冷湿布?温湿布?

冷湿布か温湿布どちらを貼るべきか悩んだことがあると思います。
結論は「気持ちいいと感じる方で良い」です。

肩コリに悩む人をグループ分けして、温シップと冷シップを貼る検証報告があります。
3時間後、どちらのグループも気持ち良いと答えていましたが、温シップも冷シップも貼った部分の皮膚温度が下がっておりました。
何故かというと、シップ=湿った布なので気化熱で体温を奪ったためと考えられます。

温湿布・冷湿布とも有効な成分は同じで、補助的に唐辛子の成分の「カプサイシン」が温かく感じ、「メントール」などが冷んやりと感じます。
正確には温感湿布・冷感湿布と言い、感じているだけで、温感湿布を貼っても温めたり血行が良くなるわけではありません。

 

湿布は神経痛に効果ある?

神経痛

神経痛とは病名ではなく、全身に網の目のように張り巡らされた末梢神経領域に起きる症状のことを言います。
ですので「椎間板ヘルニア」と「脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)」は病名が異なりますが、坐骨神経の領域に起きれば「坐骨神経痛」と言われます。

例えば、どちらの場合も、足の坐骨神経領域に症状が出ることが考えられますが、そもそも原因が違うので治療法も違います。
あくまでも湿布は症状を軽減するための対症療法であって、本当の原因を対処しなければ神経痛は治りません。

 

強いシップは時間を限定する

湿布の使いすぎに注意

いわゆる第二世代と言われる強力な痛み止めの成分を含むシップがあります。(インドメタシン、モーラステープなど)
これらは発痛物質の生成を抑えたり、神経を興奮させて、痛みを感じにくくしますが、痛みの原因を癒すものではありません。

本来は短期間に限って処方すべき強い薬剤であり、シップによって痛みを感じないと本来休めなければならない時に負担をかけてしまいます。
2〜3時間以内など時間を限定して使い、長時間貼ったままにすることは避けましょう。

 

湿布は飲み薬と同じで副作用もあります

人体写真

飲み薬はしっかり効能を読みますが、湿布は安易に貼ってしまいがちです。
しかし湿布は経皮吸収剤と呼ばれ、皮膚から成分が直接吸収され、血管やリンパ管から体中を巡ります。
そのため剥がした後も体内に薬効が残るので、胃腸や呼吸器、またアレルギー反応など副作用を起こすことがあります。

処方された湿布は飲み薬と同じです。
処方を守ることはもちろん、人にあげたりもらったりしてもいけません。
ほとんど説明もせず、安易に処方する医師も問題ですが、、、

【湿布の副作用で「一生治りません」と診断される】

 

効果的な湿布の貼り方

痛むとき湿布を貼ると精神的に楽になりますよね。
湿布の効能が持続するのは長くても半日です。貼りっぱなしや副作用のリスクがあることを知っておきましょう。
また、ぎっくり腰など急性の痛みは湿布を使うべきではありません。氷のうなどでしっかり冷やす処置が大切です。

大事なことは湿布に頼りすぎないこと。
湿布は治療効果はありませんので、常用するものではないので本当の原因を対処することも考慮しましょう。
当院では、旅行やスポーツ大会など、特別な日の気休め程度に貼るものと考えます。