院長ブログ

予防とトレーニング

北島康介選手と記念写真

今までトレーニングは、筋肉を徹底的に追い込むツラいイメージでした。
なのでスポーツで快楽を追求しているボクは避けていました(笑)

しかし昨年 病気によって著しく筋力が落ちた時に、さすがにやらないとだめだなって感じました。
そして筋肉をつけるのではなく、動けるカラダにするファンクショナルトレーニングを始めました。
すると 疲れが軽くなり、隅々までカラダの動きを感じられるようになっていきました。
そんな効果があるので、どんどん のめり込んで行きました。

ファンクショナルトレーニングはスポーツ選手に限らず、一般の方にも予防として有効です。

そんなトレーニングの最新の情報を得るためにPerform Better Japan サミットに参加してきました。

様々な分野の方が帝京大学に集結したのですが、目的は一つ「カラダの機能を高める」ことです。

北島康介選手と院長

ボクはもう40歳を超えておりますが、ファンクショナルトレーニングによって、今一番カラダが動くことを実感しています。

今回、登壇したゴールドメダリストの北島康介さんも「190cmの選手にチカラで敵うはずはない。だから水の抵抗を極力抑えて、自分のチカラを最大限に発揮できるようにカラダを使う」とおっしゃってました。

講義の様子実際にみんなで身体を動かしての講義です

特に今回は呼吸や脳、感覚などがカラダの動きに影響を与えることが衝撃的でした。
これは今後の主流になっていくと思います。

いくつかの場所で同じ時間帯に何名かの講師が登壇するので全ては受講できないですが、いろいろ最新の情報を得られ、有意義な時間でした。