腰の症状

坐骨神経痛の原因と改善方法【痛みの原因が多すぎる!】

坐骨神経痛

皆さんこんにちは!名東区の鍼灸整体りんご治療院の奥村です。

病院に行ってお医者様から坐骨神経痛と診断された経験のある方は多いかと思われます。しかしこの坐骨神経痛、痛みはさまざま、原因もさまざまで注射や薬で根本解決できるものではなく、治療にも時間がかかってしまう症状の一つです。

坐骨(ざこつ)神経ってなあに?

坐骨神経痛はよく耳にする機会の多い症状ですが、読んで字の如く坐骨神経の辺りが痛くなります。
では、その坐骨神経とはどの部分にあるのでしょうか?

坐骨神経痛

 

坐骨神経は腰から出た神経が1本にまとまり骨盤の中を通り、お尻の真ん中あたりで皮膚の直下に出てきます。
そして太ももの裏側を通り足先に向かいます。(正確には膝裏で2本に分岐し、足の甲側と足裏側に分かれます。)

この神経や周辺の組織が刺激を受けることで、痛み・しびれが出てくるのが坐骨神経痛です。
比較的症状が軽い場合は、お尻の辺りが痛み、ひどくなると足の先まで痛みやしびれが現れます。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛とは病名ではなく坐骨神経の走行上に生じる症状全般のことを言います。つまり範囲がとっても広いんですね。

そのため原因(=病名)はヘルニア、脊柱管狭窄症、分離すべり症、梨状筋症候群などによって神経を圧迫・刺激されて起こります。

りんご治療院では整体や鍼灸、ストレッチに加えて、患者様の日常生活での動き方を意識してもらい、全方位から原因を取り除いていきます。

 

要介護1からの訪問鍼灸
要支援1からの訪問鍼灸マッサージ 健康保険を利用して、介護施設やご自宅で施術します。 ご利用できる方 これまで施術をおこなっている患者様の具体例 脳血管...

坐骨神経痛を改善するストレッチ

坐骨神経痛に有効なものとしてストレッチが挙げられます。

お尻の深いところにある梨状筋や、モモの後ろ側のハムストリングスをストレッチして緊張を緩めてあげることが予防・改善にとても効果的です。

1~2回やっただけでは効果は薄いですが、続けやすく簡単にできるストレッチ動画を記載しましたのでぜひ参考にやってみてください!

 

 

腰の関節の噛み合わせを取り戻す体操

椎間板を整える

腰が丸まっている方は椎間板が後にずれてしまいます。足は肩幅で安定させ、椎間板を前に戻すイメージでお尻の一番盛り上がっている部分を押し込みます。

腰がかたい082016

 

 

 

 

骨盤・背骨ストレッチ
立った姿勢で肩の高さで手のひらから肘まで壁につけて安定させます。横にズレてしまった椎間板を真ん中に戻すイメージで骨盤を押し込みます。

次に上向きで床に寝て膝を立て、左右に倒します。なるべくお尻が浮かないように椎間板を捻ることを意識します。

違和感を感じる側をゆっくりと息を吐きながら、左右差がなくなるまで繰り返す

腰をほぐす082016

 

片足立ち
骨盤がゆがむと◯◯◯◯ができない実はですね、歩行の8割は片足だけで体重を支えています。しかし骨盤周辺の筋肉のバランスが崩れて骨盤が傾きますと、片足立ちができなくなって歩行に大きな支障がでるんです。...

生活の中で腰の負担を少なくする

カラダを柔らかくするように心がけることは大切ですが、すぐに柔らかくはなりません。
今日からでもできる負担を軽くするための3つの方法をご紹介します。

 

1.背もたれの角度は直角にする

背もたれの角度は緩くなるほど腰や背中が丸まり負担が大きくなります。
できるだけ直角に近づけ、深く腰掛けます。
背筋に力を入れず頭の頂点から吊るされているようにリラックスしましょう。

 

2.クッションを使う

腰と背もたれの僅かな隙間をクッションで埋めます。(下図 左の赤い部分)
すると身体と椅子が点で接触していたことが面で接触するので負担が軽くなります。
私も長距離の運転などではタオルを丸めて即席クッションを作ります。

ストレッチ

左◯(腰のすき間を埋める)  右✖(骨盤後傾していたらクッションの意味なし)

姿勢矯正クッションの多くは骨盤が前傾するように前下がりの傾斜がつけられています。
そのため 骨盤は前傾しやすくなりますが、頼りすぎていると骨盤が後傾することが多く見られます。
上図 右のように矯正クッションを入れても骨盤が立たなければ意味がありません。

 

3.腰を固定する

物理的に腰痛ベルトで腰を支えることで筋肉の負担を軽くすることができます。
座ると身体が丸まりやすいので、お腹を支えるような物が好ましいです。
脱着がかんたんなおすすめの腰痛ベルトはコチラ

 

重要なことは、猫背にならないように背筋を伸ばすのではなく、あくまでも自然にです。
そのためにお尻からモモ裏の筋肉を柔らかくしましょう。
また、座り仕事では、ときどき身体を捻るなど同じ姿勢を続けないように心がけましょう。

猫背を治す
猫背は悪くない!実は体に優しい猫背の秘密猫背は身体に優しい?なぜ猫背になるのか根本的なメカニズムを理解することで、美しい姿勢に近づくことができますよ。...