首・その他の症状

骨盤の歪みで足の長さが変わる?

足の長さ

こんにちは!整体で自分の足を長くしたい名東区のりんご治療院院長の奥村です。

整体に行ったらこんなこと言われた経験はないですか?

「左右の足の長さが違いますね~」と。

 

ハッとして自分の足を見比べてみるとたしかに片側が短い・・

一瞬ドキッとしてしまいますが、こんなことは普通にあることなんです。

 

なぜ足は短く見えるの?

短く見えてしまう原因は、骨盤や股関節の位置が変わってしまうためです。

骨盤と股関節の位置関係が崩れると、左右の足の長さが変わって見えます。

原因は様々ですので、短い側が悪いとは限りません。

骨盤

上図のように骨盤が前傾すると股関節の位置が下に移動します。

つまり足が長く見えます。

反対に骨盤が後傾すると股関節が頭側に近づくので足が短く見えます。

 

片足立ち
骨盤がゆがむと◯◯◯◯ができない実はですね、歩行の8割は片足だけで体重を支えています。しかし骨盤周辺の筋肉のバランスが崩れて骨盤が傾きますと、片足立ちができなくなって歩行に大きな支障がでるんです。...

 

左右の足の長さが変わることによる影響は?

例えば左足が短くなったとします。

すると身体の重心は左側に倒れそうになります。

そのままでは倒れてしまうので、腰や肩を使って上半身を右側に戻してバランス直します。

その状態が続くと腰や肩に負担が蓄積してしまいます。

 

いつも一方の肩や腰が気になる人は、足の長さが違うことが原因かもしれません。

腰でバランスの調整

 

セルフチェックと対策

まず床に上向きで寝て見ましょう。

(大きな左右差がなければ自分でチェックすることは難しいです)

一方の腰や背中が浮いたり、左右差や違和感を感じるかなど確認します。

 

・足が短くなっている側は膝が軽く曲がっていたり、太ももの裏が接地しない感覚があります。

・長くなっている側は、腰が浮いているような感覚があります。

・太ももの裏や腰にタオルでスキマを埋めて違和感が解消するか確認する方法もあります。

 

骨盤

 

注意すべき方は

・いつも同じ側にバッグを持っていると無意識に重心が傾きます。

・長時間の立ち仕事は、利き足の反対の足に重心が傾きます。

 

このような状態は、バランスを保とうと骨盤周りの筋肉に左右差が生じます。

負担を分散するように 左側⇄右側と重心を入れ変えると良いです。

 

鏡で見て左右差がわかるようでしたら結構重症です。

お早めにお近くの整体に行くか、りんご治療院までご相談ください。

骨盤
骨盤を支えられないために起こる腰痛の改善こんにちは、名古屋市名東区のりんご治療院院長の奥村です。 当院には腰痛での相談が多く寄せられるのですが、腰痛の原因の一つに運動不足...