首・その他の症状

首や肩こりからくる頭痛とめまいの改善方法

頭痛

こんにちは。名古屋市名東区のりんご治療院院長の奥村です。

肩こりは腰痛と並んで日本人の悩みで多い二大症状です。

そしてやっかいなのが、慢性的な肩こりは頭痛(ずつう)やめまいを併発(へいはつ)する人が多くいます。何十年も症状がとれないなんてこともよくあります。

そこで今回は肩こりからくる頭痛やめまいの原因や改善方法を説明します。

なぜ首や肩が頭痛やめまいを引き起こすのか?

頭痛とめまい

首や肩こりの人でで頭痛やめまいがある人は多くいます。なぜかというと、脳へ行く血管が拡がったり縮んだりして血流が変わることで痛みやめまいが起きます。

頭痛は大きく分けて、緊張型と片頭痛型の2つのタイプがあります。またそれに伴ってめまいも起きたりします。それぞれ原因を説明していきますね。

 

緊張型頭痛(きんちょうがたずつう)の特徴と原因

締め付けられるような痛み
圧迫されるような痛み
ズーンと重だるいような痛み
痛みは短時間で持続しない
我慢できないほどの痛みではない
悪心やおう吐はない
お風呂で温まると楽になる

緊張型頭痛は、パソコンなどで同じ姿勢が長く続くことで肩や首がこってきます。同じ姿勢を続けるということは、同じ筋肉を使い続けるということです。

すると筋肉は緊張状態になって、血管が細くなり頭の血流が少なくなることで起こります。

それによって脳を保護する髄膜(ずいまく)や、それらに分布する血管が圧迫(あっぱく)されたり牽引(けんいん)された刺激が脳に伝わり痛みになります。

ただし緊張型頭痛は一時的なことが多く、お風呂で温めたりマッサージで血流が良くなると楽になります。

 

片頭痛(へんずつう)の特徴と原因

ズキンズキンとする痛み
生活に支障をきたすほどの痛み痛み
体を動かすと痛みが強くなる
痛みで気持ち悪くなることがある
痛みは強くなったりおさまったり繰り返す
光や音に過敏になる
天気に影響する人が多い

片頭痛は、痛み物質が放出して脳の血管が刺激を受けて炎症が起きたり、様々なストレスや女性ホルモンのバランスが変化したときに頭の血管拡張すると起こります。

それによって血管を取り巻く三叉神経(さんさしんけい)が反応して痛みを感じます。

三叉神経は眼や耳の神経の一部を支配するので、パソコンがまぶしく感じたり、音に敏感になることもあります。

 

めまいの原因

私たちは自分の体の位置や動きの状態を、3つの感覚器官の情報によって判断しています。

①視覚:目で見える情報
②平衡覚:耳の奥にある前庭器で感じる情報
③体性覚:関節の位置や筋肉の伸び縮みの状態

これらの情報を脳で組合わせて自分の位置や状況を判断しています。しかし、それらの情報が噛み合わなくなり、脳が混乱することで気持ち悪くなったり、めまいや痛みが起きます。

首や肩こりで筋肉が硬くなると正しい情報を脳に送れなくなるので、ほかの感覚器官の情報と噛み合わなくなり頭痛やめまいが起こると考えられています。

例えば車の中で本を読むと酔いやすいですよね?これは車が動いているのに、目は本を見て動かないので、脳が状況を判断できずに混乱している状態です。

病院へ行くべき頭痛と症状

短時間で頭が割れるような激痛
手足の麻痺や、呂律(ろれつ)が回らない
意識障害、吐き気やめまいなどがある
首の後ろが硬くなり、高熱とともにズキンズキンという激しい痛み。
頭をぶつけるなど衝撃を受けた後に痛む
時間がたつにつれて痛みがひどくなる
前兆がない頭痛
歩き回ったり、自分の頭をたたいたり、痛すぎて安静にできない

頭痛があると脳内の重大な病気を心配する人も多いですが、実は脳梗塞、脳内出血、脳腫瘍など重篤化が心配される脳自体の病気は痛みを感じません。

脳内になにか異常があると痛みよりも麻痺や言語障害、吐き気などの症状が見られます。

また脳の外側の病変の場合は、割れるような痛みや、明らかに普通とは異なる痛みなどの症状が見られます。そのような場合は救急車を呼びましょう。

脳自体は痛みを感じない

頭痛やめまいがつらいときの改善方法

緊張型頭痛や、肩こりからくるめまい筋肉をほぐすとある程度解消します。マッサージや、ゆっくりお風呂で温めましょう。また肩を回したり動かしてあげるとより良いでしょう。

また自律神経は血管を細めたり拡げたりするので、バランスが崩れると頭痛やめまいの一因になります。夜は早めに寝て、朝日を浴びるなど、規則正しい生活はとても大切です。ですので、この記事を見たらスマホを閉じましょう。

当院では頭痛やめまいに鍼をオススメしています。

とくにストレートネックの方は後頭部と首の境目がカチカチです。深い部分にある筋肉なので通常のマッサージでほぐしてもなかなか深部まで届きませんが、鍼を使うとピンポイントでコリを狙えますので、薬などに頼る前にぜひ一度来院してみてくださいね。

 

鍼の効果
「鍼」がなぜ身体によいのか?こんにちは、名古屋市名東区のりんご治療院の奥村です。 整体って保険が簡単に適用できるので安いイメージがありますが、鍼治療って保険で...