首・その他の症状

指の関節が痛い時の原因と対策方法

指の動き

こんにちは、名東区の鍼灸整体りんご治療院の奥村です。

指の関節がズキズキと痛む症状は年配の方に多い症状なのですが、最近はスマホやパソコンなどで指を動かすことが多いせいか、若い方も指や腕の痛みが気になって来院されることが増えています。

そこで今回は指がズキズキと痛む症状について詳しくご説明しますね。

指の動きが鈍い原因

腱鞘炎のイラスト

イラスト:看護rooさんより

指の筋肉は腱鞘(けんしょう)といわれる細いトンネルの中を通っています。

その腱鞘の内壁と指の筋肉が擦れることにより炎症が起きて滑りが悪くなるため、カクカクしたりバネが弾けるような動きになってしまいます。

主にこのような症状がみられます。

・曲げた指を伸ばす時にこわばりがある
・指の付け根に痛み、腫れ、熱感がある
・寝起き時に痛みや腫れが強い

 

ばね指とドケルバン病

腱鞘炎には指の曲げ伸ばしがうまくできない「ばね指」と、親指が痛む「ドケルバン病」があります。

ばね指は実は根本的な原因がわかっていません。一時的なものでしたら安静、テーピングなどで回復することも多いですが、慢性化している場合はステロイド注射や手術なども選択肢にあがります(ただし傷はほとんど目立たないくらいの小さなものです。)

ドケルバン病は以前は美容師さんやピアニストさんが発症することが多い職業病の扱いでしたが、最近はパソコンやスマホが普及し、指を酷使して柔軟性を失うことで一般の方も発症する事が珍しくなくなりました。

指を酷使することで炎症が起きることが原因のほか、月経や更年期の女性に多く見られることから、炎症を抑えたり腱の動きを滑らかにする働きがあるエストロゲンが減ってしまう事も一因と考えられています。

治療は炎症を抑えるためのステロイドが一般的ですが、症状が軽い場合は炎症を鎮めるアイシングも有効です。

 

ストレッチで指の動きを改善する方法

指の筋肉は実は肘関節から始まっています。

そのため、指先のストレッチを行うだけではたりず、まずは肘から手首にかけての前腕マッサージが効果的です。

前腕のストレッチ

腱鞘炎のマッサージ

前腕をやさしく親指の面で押さえてあげてください。肘から手首全体をまんべんなくおこないます。力はそれほど必要ありません。

この時自己流でマッサージを行う時にやってしまいがちなことに、痛みのある患部を無理してもみほぐしたりしてしまう方がいらっしゃいますが、実は患部では炎症がおきているのでマッサージは禁物です。

 

手の外側のストレッチ

前腕マッサージを行った後は、肘をしっかり曲げながら手の外側のストレッチをします。
痛みを感じるギリギリの範囲で下写真のように徐々に肘を伸ばします。
日頃から続けることで予防にもなります。
腕の外側のストレッチ

手の内側も同様に肘を曲げた状態から徐々に伸ばして行きます。
腕の内側のストレッチ

写真:acworksさんより

・症状が重い方は、悪化する恐れがありますので中止してください。
・動かさなくても痛む方は、病院を受診してください。

 

日常での指の使い方

指の関節が痛い場合はストレッチなどのケアも大切ですが、スマホや仕事などで指の使い過ぎを控えることは基本です。

痛みがある時はスマホは片手だけでなく両手を使って打つことも大事です、パソコンも痛い指はなるべく使わないように工夫しましょう。

指の動きは生活全般に関わってきますから、優しくいたわってあげてくださいね。指の痛みに気づいてから2~3日たっても痛みがひかない場合は、お近くの医療機関か当院へお越しくださいね。

 

指の痛みでお悩みなら名東区のりんご治療院へ

名古屋市名東区のりんご治療院では、針・鍼灸・トレーニング・サポーターなどを使い、複合的に患者さんの症状に合わせた治療を行います。

指の動きが鈍い、ものを持ち上げると痛い、手を広げた時に痛みがでるなどのお悩みは、それぞれの症状にあった治療方針をご提案しますのでぜひお問い合わせください。

名古屋市名東区のりんご治療院

りんご治療院へ電話↑スマホからだとクリックで電話がかけられます